泣きたい茶

通常価格 ¥1,296

■ Cha-cafe Wa ■

2017年7月、京都市北区にオープンしたかんぽう茶カフェ。
体調に合わせた「かんぽう茶」を提供することで、30代~50代の主婦・働く女性のサポートを考え、美肌・キレイを保ち、病気を予防し、充実した暮らしを提案しています。

 

商品概要 

「泣きたい茶」

ティーパック(5g ×7pac)
・お茶の内容 / 夜行藤(やこうとう)、玫瑰花(まいかいか)、くこ、なつめ、陳皮
・味 / 少し甘い
・香り / 若干の薬独特の香りの中に、ほのかな甘い香り  
いろいろあって、泣きたいときに落ち着くことを目的にブレンドしました。玫瑰花やなつめは香りが良く、リラックス効果を高めることが期待でき、ストレスの軽減も期待できます。夜行藤にもリラックス効果があり、だるさを緩和することも期待できます。
 ※表示価格は税抜価格です。
【飲み方】
かんぽう茶1pacに熱湯250cc(約2杯分) を注ぎ、5分程蒸らしてください。(お好みで加減してください。)
かんぽう茶を飲用するにあたっての注意事項
当店で販売するかんぽう茶は、法律上食品扱いとなる生薬や薬草を使用しています。アレルギー体質の方や体調不良、極度の疲労のある方は、かゆみや湿疹等の副反応が出る場合があります。また、医薬品やサプリメントとの飲み合わせもありますので、下記をお読みいただき、該当のある方はお控えになることをお勧めします。
なお、詳細については、かかりつけの医師または薬剤師へご相談下さい。
 
・妊娠中の方
利尿作用のあるものや、活血作用のあるお茶はよろしくありません。出来れば、かんぽう茶以外のお飲み物をお勧めします。
・授乳中の方
特に飲んではいけないお茶はありませんが、母乳に味が出ますので、甘い系のお茶をお勧めします。
・鉄剤を服用中の方(医薬品名:フェロミア、フェルム 等、鉄含有サプリメントも含む)
お互いの吸収を妨げますので、服用後2~3時間空けてお飲みください。
・抗生物質を服用中の方(フロモックス、クラビット 等)
互いの吸収を妨げます。治療を優先され、かんぽう茶以外のお飲み物をお勧めします。
・抗凝血薬、てんかん薬を服用中の方(医薬品名:ワーファリン、セレニカ、デバゲン、アレビアチン、ヒダントール 等)
ウコンやナツメ等のお茶は注意が必要です。