台湾旅行記〜女3人旅〜①

投稿者 : ゆきこ. on

こんにちは!dandeliOn店主の妻です。

 

先日、台湾旅行に行ってきました!

久々の海外旅行は、久々の女子旅。メンバーは、地元山梨で勤めていた時の職場の先輩と後輩と私の計3人。

 

行き先は、女子旅の定番「台湾」に決定!私は初台湾。山梨チームは3度目の台湾ということで、旅のプランはほぼお任せすることに。

 

山梨チームは羽田から台北空港へ、私は関空から桃園空港へ。台湾までは関空から約3時間。時間の都合も良かったので、LCCのピーチアビエーションをチョイス。

ピーチアビエーション

8:15発、現地時間10:10桃園空港着(時差マイナス1時間)で、あっという間のフライトでした。(早朝、大阪駅まで車で送ってくれた夫に感謝!)

 

空港から台北へは地下鉄MRTが便利で、30分ほどで着きます。山梨チームの指示通り、台湾の交通ICカード「easy card」を購入していざ出発。

easy card

 

山梨チームとの集合場所は、台北駅近くのホテル。台北駅から迷わず行けば徒歩10分くらいですが、天性の方向オンチなので、駅構内をムダに一周して20分くらいでホテルに到着!(上出来!)

グリーンワールドホテル

2人は約2時間遅れでくるので、私はひとまず荷物を預けて、一足お先にホテル周辺の散策に出ることにしました。

 

ホテルの目の前には、美味しいと噂の胡椒餅屋さん!

胡椒餅

思わず即買い。その場で立ち食い。

バカうま!

外側をパリパリに焼いた皮薄めの豚まんって感じ。中はお肉たっぷりジューシーで、塩胡椒がかなり効いてます!こりゃビールに合う!心の中で「ビールくださーい」と叫びました。

ここは大阪じゃないのでコンビニでビール買って立ち飲みするわけにもいかず、ビールは断念。

 

代わりに、本場のタピオカ!

ホテル周辺をウロウロしてるだけで、4、5件のタピオカ屋さん。さすが本場!迷いに迷ってガイドブックに載ってた「珍煮丹」にて。流行りのタピ活には縁がなく知らなかったのですが、甘さと氷の量がカスタマイズできました。甘さ控えめ、氷少なめをチョイス。

珍煮丹

大粒のタピオカは、弾力があってモチモチ。黒糖の風味がほんのりと、控えめな甘さがGOOD

 

 

その後、無事にホテルで山梨チームと合流。

チェックインも済ませて、いよいよ台湾女子旅のスタート!

 

まずは(また?)腹ごしらえ、ということで、「天天利」の魯肉飯(ルーローハン)卵のせ~

ルーローハン

ご飯の上に甘辛なお肉とその上にたまごが乗っかってます。軽めの丼なので、胡椒餅後でもペロリと食べてしまいました。

天天利

 

 

夕方からは、バスツアーで「九份」へ。ここは私もすごく行きたくて楽しみにしていた場所です。が、、、

 

人、人、人、

それもほぼ日本人観光客が、せまい階段にひしめき合う状況、、、。

九份の人混み

千と千尋の湯婆婆の館のモデルになったお茶屋さんがこちら。

 

九份のお茶屋さん

人の頭が映らないように工夫して撮った写真(笑)

 

帰ろうにも、前にも後ろにも進めないってくらいの混みよう、、、。

九份の人混みと提灯

う〜ん。これは、ちょっと、残念でした~

夕焼けの時間帯に集中するからこうなるみたいです。朝の方が空いているし、朝は朝で綺麗な景色が見られるそうなので、今から行こうとしてる方は朝の方がいいかもしれません!

 

気を取り直して、次の目的地は、「十分」。

こちらでは天燈に願い事を書いて夜空にあげる「天燈上げ」を体験しました!

 

欲張りな私たち。4面全てに3人が願い事を書いて、計12の願い事を夜空に上げました。

 天燈上げ

願い事、叶いますように!

 

 

さて、晩ごはんは、台北最大の夜市「士林夜市」にて。

 

まずは定番、台湾ビール!

 台湾ビール

 

塩胡椒がビールに合う!

夜市の蟹

 

牡蠣入りオムレツ

牡蠣入りオムレツ

 

そしてこれが、噂の!

臭豆腐!

臭豆腐

臭いです。

例えるならトイレとドブの匂い。

なんとか食べました。匂いさえなければ、、、。という感じ。

なんと、後輩はこれを美味い美味いとほとんど食べてました。ツワモノです。

 

ガイドさんには、でっかいフライドチキンとか、大腸包小腸という甘口ソーセージをオススメされたけど大きすぎて食べきる自信がなかったので今回は断念しました!

 

夜市の帰りに、これまた日本人観光客御用達的なマッサージ屋さんにて、フェイシャルマッサージをして、1日目は終了~

 

次回②に続く。

 

dandeliOn ONLINE TOP へ

dandeliOn Blogs Portal Site へ  

 妻のつぶやき TOP へ

0件のコメント

コメントを残す