nichinichikorekoujitsu

つくり手を訪ねて~麗峯窯~

KEISUKE.

タグ 2018年5月, ,

こんにちは、KEISUKE.です。

 今回ご紹介するのは、九州は福岡県北九州市小倉にある麗峯窯 永田麗子さんです。

 

 

 小倉と言っても、まあまあな山の中で、「ここも小倉なんだ~」というのが私の率直な感想。。。

 

 

私がはじめて麗峯窯さんのうつわと出会ったのは、

去年の秋...、姫路で開かれた全国陶器市に行った時です。

 

 

その時に購入したのが、この「木の実シリーズ」のボウルでした。

 

無地のものを好む傾向がある私が、一目惚れ。

 

我が家の食卓でも、朝はグラノーラを食べるうつわとして、夜は鍋の取り皿やシチューのうつわとして、獅子奮迅の大活躍!!

まさに我が家の日々の暮らしを彩る逸品となっています。

 

 

もともとデザイン関係のお仕事をされていた永田さんが、うつわのお仕事に携わるようになったのは、ご主人のお仕事の関係で北九州に転居されてからとのこと。

それまでの経歴から、工房で絵付けのお手伝いをするところからはじまったそうです。そのお話を聞くと、絵付けのデザインの良さに納得がいきます。

 

 

それから作陶の勉強をされ、工房を構えるまでになられたとのこと。

主婦の目線からつくられるうつわの数々は、「ふだん使い」にこだわったものばかり。そこにセンスの良い絵付けが加わることで、うつわに「彩り」を与え、それが暮らしに「彩り」を与えるアイテムになっています。

 

 

 

 

麗峯窯さんのうつわは、今月のDANDELIONのイベントで出品します。

是非、手に取ってつくり手の思いを感じてみて下さい!!

 

 

☆今回ご紹介したつくり手☆

 麗峯窯
住所:福岡県北九州市小倉南区志井1062-2
HP:https://www.reihougama.com/

 

関連商品ページ ☞ 麗峯窯

 ← before blog ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の花

 → next blog かんぽう茶の取扱いを始めました!!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 


投稿順 新着順


コメントを残す