小代焼一先窯 山口友一(熊本県)

小代焼は熊本県の小岱山麓で約400年前から焼き続けられている、熊本を代表する陶器です。伝統を受け継ぎながら、現代の生活に馴染むように新しい形や技法を模索し“伝統と現代を併せ持つ器”をコンセプトに日々作陶に励んでおります。皆様に楽しんで使っていただけると嬉しいです。

小代焼一先窯 山口 友一

 

【陶歴】
2008年 小代焼 一先窯 父 山口耕三に師事
2011年 熊本県内の窯元にて3年間修業
2014年 熊本県 くらしの工芸展 伝統工芸館賞受賞
2015年 熊本県伝統工芸館にて初個展
現在   九州内を中心としたギャラリー・百貨店にて個展
      精力的に活動中

 

☆つくり手の3つのこだわり☆

【土へのこだわり】
小代焼の良質な土を掘り、天日干し、水簸(すいひ)して不純物を取り除いた後、脱水。水分調整後、菊練り。昔から受け継がれている方法を元に、丁寧に土づくりを行っている。

【釉薬へのこだわり】
地元の藁を燃やし、精製して作った藁灰釉をベースにオリジナルの釉薬を作っております。天然の原料を使用するため、その時でしか出ない風合いが楽しめます。

【焼成へのこだわり】
釉薬の種類により焼成温度・時間・焚き方を変えております。その為、釉薬の色合いにより別々に窯焚きをしており、それぞれの色が最高の色になることを目指して焼き上げています。手間はかかりますが、納得がいく器ができるように日々努力しております。