モマ笛

セール価格 ¥1,000 通常価格 ¥1,000

■ 筑前津屋崎人形巧房 ■

博多から海岸伝いに東へ約20キロの所に位置する港町 津屋崎。
良質な陶土が採れるこの土地で、江戸中期に生活土器をつくり始めたのが津屋崎人形の起源だそうです。
その後、しだいに素朴で温かみのある人形や動物を2枚型でつくるようになり、現在では、この筑前津屋崎人形巧房を含めて2軒が、その伝統を受け継いでいます。
福岡県の津屋崎では、「ふくろう」のことを「モマ」と言います。先を見通す能力を持つ生き物とされ、地元の宮地嶽神社では昔から縁起物としてモマ笛が授与されていました。
お年寄りが食事の前にモマ笛を吹いて気道を広げ、食べ物が喉につまらない為の道具としても使われていました。
あどけないモマ笛の顔や、「ホーホーホー」という笛音は、不思議と懐かしさを感じさせます。
 ※表示価格は税抜価格です。

 

商品概要

極小サイズ W ≒ 5.5cm D ≒ 3.5cm H ≒ 3.5cm weight ≒ 40g
小サイズ  W ≒ 5.5cm D ≒ 3.5cm H ≒ 3.5cm weight ≒ 40g
中サイズ  W ≒ 7.0cm D ≒ 5.0cm H ≒ 4.5cm weight ≒ 70g
大サイズ  W ≒ 8.0cm D ≒ 6.0cm H ≒ 5.5cm weight ≒ 110g

 

お買い求めにあたってのご注意

こちらの商品はすべてつくり手による手仕事のため、1点ごとに表情が異なります。したがいまして、同じ商品においても色や風合い、デザイン、サイズなどに多少の違いが生じますが、それこそが手仕事の温もりを感じられる良さであると当ショップでは考えております。ご購入の際はその点をご理解のうえ、お買い求め下さいますようお願い致します。